フコイダンラボ

  1. コラムTOP
  2. フコイダン
  3. フコイダンとは何か?その成分と健康への影響について解説
フコイダン

フコイダンとは何か?その成分と健康への影響について解説

フコイダンとは何か?その成分と健康への影響について解説

皆さんはフコイダンというものをご存知でしょうか?
フコイダンは海藻などの褐藻類に含まれる成分(多糖類)で、近年健康に良いものとして注目が集まっています。
今回は、その「フコイダン」について、生物学と化学の両方の切り口から詳しく解説していきます。

1

この記事の執筆者
日置クリニック コラム編集部


フコイダンとは

フコイダンはモズクや昆布などの褐藻類にみられる「滑り」成分です。
その健康効果については、1913年にスウェーデンの科学者によって発見されて以来、世界中で研究が進められてきました。

フコイダンには抗がん作用や肝機能のサポートなど、様々な健康効果があることが報告されています。
またフコイダンが自然由来ということもあり、健康志向の人々を中心に安心・安全な健康食品として注目を集めています。

フコイダンを多く含む食べ物とは?

前述のように、フコイダンは海藻などの褐藻類に多く含まれる成分です。
海藻ごとの乾燥重量あたりのフコイダン含有量は、その種類によって異なります。

褐藻類の中でも、特にフコイダン含有量が多いのが「モズク」です。
同じ褐藻類である「メカブ」のフコイダン含有量が100g/Kg(乾燥重量)、「ワカメ」が15g/Kg(乾燥重量)であるの対し、「モズク」のフコイダン含有量は250g/Kg(乾燥重量)と全体の約1/4がフコイダンであると言われています。
フコイダンを食品から摂取したいという方は、「モズク」を食べることをおすすめします。

フコイダンの化学構造について

フコイダンは、フコースやガラクトース、グルクロン酸などの糖類と、硫酸基とが連結した分子構造をしています。
フコイダンの化学構造であっても、分子量や化学構造が異なる場合には、機能性が異なると報告されています。(参考文献)

例えば、フコイダンの化学構造に含まれる硫酸基は、海藻の滑りの源と言われており、高い保水能力を有しています。
硫酸基が13%以上安定的に連結していない場合には、フコイダンの機能性を十分に発揮できないとされます。

フコイダンの分子量による違いについては、別記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。
フコイダンの分子構造

褐藻類の種類によるフコイダン成分の違い

フコイダンの含有量と化学構造は褐藻類の種類によって異なることを解説しましたが、健康への効果についても褐藻類の種類によって異なります。

例えば、コンブやヒバマタに含まれるフコイダンは、免疫力の活性化作用に優れており、免疫力が低下している方に向いています。
また、モズクに含まれているフコイダンは、消化器粘膜の保護作用が優れているため、胃腸が弱い方に向いています。

さらに、メカブやコンブに含まれるフコイダンは肝機能をサポートする作用があり、肝臓が悪化している方に向いています。

フコイダンを食品から摂取したいという方は量だけでなく、自身の体質や体調を考慮して、食べる褐藻類を選ぶことをおすすめします。

フコイダンの効果とは

フコイダンの効果とは

これまで紹介してきたもの以外にも、フコイダンには様々な健康効果があるとが分かっています。

代表的なものとして、抗がん作用、コレステロール・血圧低下作用、抗血液凝固作用、抗アレルギー作用、肝機能の回復、免疫機能の向上などの効果が期待できます。

ここからその効果の中でも特に注目を集めている、フコイダンの三大作用についてご紹介します。

フコイダンの三大作用

フコイダンの三大作用とは「アポトーシス作用」「血管新生抑制作用」「免疫活性作用」の三つのことを指します。これらの作用はがんに対する効果があり、新たな治療方法として世界中で研究がすすめられています。ここではそれらの概要についてご紹介します。※1

※1 統合医療と健康を考える会.フコイダンの三大作用

がんに対するアポトーシス作用

フコイダンには、がん細胞に対するアポトーシス作用があることが分かっています。
アポトーシスとは、「遺伝子に組み込まれた細胞死」のことです。例えば、ウイルスに感染した細胞の処理や、がん化した細胞を排除するために起こるとされます。胎児の手や足の指が形成されるのは、指の間の水かきのような組織がアポトーシスによって除去されることが原因と言われます。つまり、アポトーシスとは修復できない遺伝子の異常が感知された時、または細胞間の協調を保てなくなった時にそれぞれ発動される細胞がもつ自死装置なのです。
がんとは、修復できない遺伝子情報の結果生じたもので、かつアポトーシスの作用からも逃れてしまうことで細胞(がん細胞)が異常に増殖していく病態を指します。

フコイダンには、がん細胞に対して、それ自身を分解するように作用させる「アポトーシス作用」があるとされています。フコイダンによるアポトーシス作用は、抗癌剤と異なり正常な細胞には働かないため、「副作用のないがんの治療法」として注目されています。

免疫力強化作用

自分自身の免疫力を高めることで、がん細胞にも対応できる強い体を形成することができます。

通常であれば、がん細胞は自分自身の免疫作用により消滅しますが、免疫作用がうまく機能せずに体内で増殖し、壊れていない正常な細胞まで蝕んでいくことで重度化していきます。また血管やリンパ菅などにがん細胞が入り込み、体内の他の部位へ転移することもあります。

フコイダンを摂取することで、自分自身の免疫力を向上させることができると考えられており、がんから身を守ることができます。

血管新生抑制作用

がん細胞は自らの生存と増殖のために、多くの栄養を必要とします。

がん細胞は、多くの栄養を供給するために自ら血管を生成し、がん患者の血管とつなげる事で多くの栄養をとる仕組みを形成します。これをがんの「血管新生」と呼びます。

フコイダンにはがん細胞自らが行う「血管新生」を抑制する効果があり、栄養の供給を断たれたがん細胞の増殖および転移を防ぐ効果が期待されます。

まとめ

フコイダンは褐藻類に多く含まれる成分で、摂取することで様々な健康効果があることをご紹介いたしました。また抗がん作用として注目されている「フコイダンの三大作用」について詳しくご紹介しました。自然由来の成分から健康効果を得たいとお考えの方は、ぜひフコイダンの摂取を検討してみてください。

参考文献:
海藻フコイダンの科学.山田 信夫.成山堂書店

日置医院長

この記事の監修者
日置クリニック 院長
日置 正人 医学博士

【経歴】
昭和56年3月 
大阪市立大学医学部卒業
昭和63年3月 
大阪市立大学大学院医学研究科卒業
平成5年4月 
医療法人紘祥会 日置医院開設

【書籍】
ミトコンドリア不老術
(幻冬舎)
炭酸美肌術(幻冬舎 )
ほか多数執筆

おすすめの関連記事